MENU

自分の頭痛の原因や種類を知ろう

自分の頭痛の原因や種類を知ろう

季候からくる頭痛
気圧の変化による頭痛

雨の日に頭痛を感じることはありませんか。
低気圧と頭痛には相関関係があると言われています。その効果的な対処法とは?

なぜ梅雨の時期は頭痛が多い?

梅雨の時期になると頭痛を感じる…そんなことはありませんか?どんよりとした天気で気分が滅入ってしまう上に、気圧の変化に体が対応しきれないせいなのです。未だにその原因を科学的には特定できてはいないものの、低気圧の日と頭痛には相関関係があると言われています。梅雨だから仕方がないと諦めず、気圧と頭痛の関係を知って、正しい予防法を学びましょう。

気圧のせいで起こる頭痛の正体とは?

気圧の変化にとって頭痛が起きる原因は、次の2つの説が有力であると言われています。
1つ目は、気圧が変化することにとって、頭蓋骨内の圧力が変化して血管が収縮するというもの。血管が拡張する際、周囲にある三叉神経が刺激され、片頭痛のような痛みを生じさせるという説。
2つ目は、気圧が低下することで血圧が下がり、血液の流れが変化するために血管が拡張、頭痛を引き起こすという説です。これらは「片頭痛」と呼ばれている症状です。

気圧による頭痛の効果的な対処法

こうした気圧の変化による頭痛を緩和するには、片頭痛に対する対処法を実践することが効果的です。それは気圧の変化による頭痛は片頭痛が起きる仕組みと似ているから。血管が収縮・拡張することによって周囲にある神経を刺激し、それが痛みとなって表れるのです。

もしも痛みを感じたら、次のことをやってみましょう。

  • 痛みの部分を冷やす
  • 大きな音や強い光などの過度の刺激物を避ける
  • 質の高い睡眠を取り、生活リズムを整える
  • ストレスをためないようにする

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ