頭痛のメカニズム 頭痛のタイプは?

監修:富士通クリニック / 東京クリニック 五十嵐 久佳 先生

あなたの頭痛はどのタイプ?

国際頭痛分類では、すべての頭痛を14のグループに分類しています。 一般的に頭痛持ちの頭痛と呼ばれているものは、年間を通じて同じような頭痛が起きることから「慢性頭痛」といわれ、代表的なものとして「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」があります。

まず、あなたの頭痛のタイプをチェックしてみましょう。 該当する項目にチェックを入れてください。「あなたのタイプは?」ボタンを押すと判定結果が表示されます。

※ この頭痛チェックシートは、代表的な症例をもとにしており、あくまでも目安です。
頭痛がひどい時や、心配な場合は、すぐに専門医にご相談ください。

頭痛チェックシート

該当する項目にチェックを入れてください。

(注)閃輝暗点(せんきあんてん)キラキラした光が見えたり、視界の中で欠けて見えない部分があったりすること

あなたのタイプは?

特に問題はないと思われます。

しかし、気になる症状がある場合は、専門医に相談しましょう。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

今回の判定では特定の慢性頭痛ではないようです。

しかし、慢性頭痛の自覚症状がない場合もありますので、自分の頭痛の原因や特徴を知ることが大切です。
慢性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

片頭痛は頭の片側のこめかみから目にかけて、ときには両側や後頭部までも脈打つように痛みます。また、頭痛が起こる前に強い光を感じる閃輝暗点(せんきあんてん)という前兆が約20%の人に現れるのが特徴です。
詳しくは、片頭痛のページをご覧ください。

緊張型頭痛は後頭部から首すじにかけて、重苦しい感じや頭をベルトで締めつけられているような圧迫感が生じるのが特徴で、いつまでも痛みが続きます。また、体のだるさやめまい、肩こりや目の疲れをともなうことが多いようです。
詳しくは、緊張型頭痛のページをご覧ください。

群発頭痛は、目の奥をえぐられるような激しい痛みと表現されるように、目の近辺にひどい痛みを感じます。また、頭痛には特定の動作や刺激によって日常的に起こる頭痛もあります。
詳しくは、群発頭痛日常的な頭痛のページをご覧ください。

頭痛の様子が変わってきたら再度判定してみてください。また、気になる症状がある場合は、専門医に相談しましょう。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

あなたには片頭痛の可能性があります。

頭の片側のこめかみから目にかけて、ときには両側や後頭部までも脈打つように痛みます。頭やその周辺の血管がなんらかの理由で炎症を起こし、痛みが発生します。片頭痛が起こる原因やきっかけは、家族に頭痛持ちがいる、女性ホルモンの変化、ストレスからの解放、ワインやチョコレートその他の食品などと関連しているといわれています。また、片頭痛が起こる前に強い光を感じる閃輝暗点(せんきあんてん)という前兆が約20%の人に現れるのが特徴です。
詳しくは、片頭痛のページをご覧ください。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

あなたには緊張型頭痛の可能性があります。

緊張型頭痛は、後頭部から首すじにかけて、重苦しい感じや頭をベルトで締めつけられているような圧迫感が生じるのが特徴で、片頭痛のようなズキズキする痛みや寝込むほど強い痛みではない反面、いつまでも痛みが続きます。また、体のだるさやめまい、肩こりや目の疲れをともなうことが多いようです。
詳しくは、緊張型頭痛のページをご覧ください。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

あなたには群発頭痛の可能性があります。

「目の奥をえぐられるような激しい痛み」と表現されるように、目の近辺にひどい痛みを感じます。一年のうち定期的に発症する期間があり、その期間(群発期)は、生活に支障をきたすほどの痛みに悩まされます。群発頭痛と思われた場合は、一般の病院ではなく、頭痛を専門とする病院、医師に相談しましょう。
詳しくは、群発頭痛のページをご覧ください。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

あなたには片頭痛、緊張型頭痛の両者の頭痛の可能性があります。

片頭痛と緊張型頭痛の両方の症状を併せ持つのが特徴です。片頭痛と緊張型頭痛では対処の方法がまったく違いますので、どちらの頭痛にあてはまるか観察し、その頭痛にあった方法をとることが必要です。
詳しくは、片頭痛緊張型頭痛のページをご覧ください。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

あなたには複数の頭痛の可能性があります。

複数の頭痛の症状が見られる場合は、病気が原因となっている可能性があります。早急に専門医に相談しましょう。診断の際には、ご自分の頭痛の特徴を観察し、どのあたりがどのように痛むのかを詳しく正確に医師に伝えましょう。

この回答は、医師による実際の診断ではありません。 正式な診断は、医療機関の診察を受けることをおすすめします。

ページトップへ