頭痛のメカニズム 緊張型頭痛

監修:富士通クリニック / 東京クリニック 五十嵐 久佳 先生

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、後頭部から首すじにかけて、重苦しい感じや頭をベルトで締めつけられているような圧迫感が生じるのが特徴で、片頭痛のようなズキズキする痛みや寝込むほど強い痛みではなく、吐き気や光・音過敏はありません。緊張型頭痛には時々おこるタイプ(反復性緊張型頭痛)とほぼ毎日痛みがあるタイプ(慢性緊張型頭痛)があります。

身体的あるいは精神的ストレスが誘因となります。 ストレスがたまると神経や筋肉の緊張が高まり、 脳にある痛みの調整機能がうまく働かなくなり、頭痛が起こります。

緊張型頭痛の特徴

  • 後頭部を中心に両側が痛む
  • 重苦しい感じや頭をベルトで締めつけられているような痛み
  • 首や肩のこりをともなうことが多い
  • 吐き気やおう吐はない
  • 動いても痛みは悪化しない

緊張型頭痛のメカニズム

図

図

反復性緊張型頭痛と慢性緊張型頭痛ではメカニズムが異なると考えられています。
反復性緊張型頭痛は頭や首、肩の筋肉の緊張から起こることが多いと考えられています。長時間の同じ体勢や無理な姿勢により、首や頭の筋肉に負担がかかり、首や頭の筋肉の緊張が高まります。
筋肉の緊張が高まることで筋肉の血行が悪くなり、血管に老廃物などが溜まります。
老廃物がたまった部分を中心に炎症が起こり、痛み物質であるプロスタグランジンなどが産生され、頭痛となってあらわれるのです。
一方、慢性緊張型頭痛は脳そのものが痛みを感じやすいのではないかと考えられています。
心配事や不安といった精神的ストレスが関与していることも多いのが特徴です。

ページトップへ