発熱

監修:医療法人社団宏久会 泉岡医院 院長 泉岡 利於 先生
         一般社団法人大阪府内科医会 副会長

発熱について

私たち人間の体温は、脳の視床下部(自律神経の中枢)というところにある体温調節中枢がコントロールして、ある一定の範囲内(=平熱)に保たれています。
ここでは標準となる温度が設定されていて、その温度と実際の体温とが常に一致するように産熱、放熱の命令を発します。

発熱のメカニズム

ウイルスや細菌が体内に侵入すると、身体は免疫力をフルに使って、ウイルスや細菌を退治しようとします。その免疫力を高めるため、平熱よりも高い温度(体温)が必要になります。そこで、いつもは平熱をキープするための働きをしている視床下部の温熱中枢が、温度設定を 上げて、免疫細胞の活動を活性化する状況を作り出します。つまり、発熱は免疫力を高めるための生体防御反応なのです。体温の変化によって、発熱は前兆期・上昇期・ピーク期・下降期に分けられます。では、体温の変化と発熱はどう関わっているのでしょうか。

発熱の対処法・予防法

発熱時の対処法や予防法など、詳しくは以下のスペシャルサイトをご覧ください。

バファリンかぜEX 第2類医薬品

バファリンかぜEXでは、発熱の原因、対処法、予防法を紹介しています。

頭痛、生理痛などの 痛み解決ナビ

ページトップへ