月経前症候群(PMS)って知ってる?

その不調、
月経前症候群(PMS)かもしれません!

月経前症候群(PMS)は月経前の3~10日頃の時期に50~80%の女性に起こります。生理の開始と同時に症状が軽くなったり無くなったりする特徴があり、原因のひとつには月経周期中にエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に変動するためと考えられています。
年代としては20~30代のオトナ女子世代に多くみられる症状になります。
監修:吉田医院 網野幸子先生

こんな症状、PMSかも?

月経前症候群(PMS)の症状

PMSの症状で女性が辛そうに頭を抱えている

月経前症候群(PMS)の症状は身体的な症状精神的な症状にわけられます。

人のアイコン

身体症状

動悸、頭痛、腹痛、関節痛、腹部の張り、腰痛、乳房の張りと痛み、食欲の変化、便秘、下腹部のけいれん痛、圧迫感、重い感じ、めまい、疲労感、ほてり、不眠、吐き気、手足のしびれ、にきび・じんま疹などの皮膚症状、手足のむくみ、体重増加

ハートのアイコン

精神症状

イライラ、涙もろくなる、無気力、混乱、うつ、集中力の低下、記憶力の低下、刺激に過敏になる、神経質になる、気分にむらが出る、短気

月経前症候群(PMS)の対処

月経前症候群(PMS)の対処は、症状の緩和が中心になります。例えば、塩分の摂取を減らすことによって、体内に貯蔵された水分が減り、むくみが軽減されるなど、症状にあった緩和策を行う必要があります。軽度から中等度の月経前症候群(PMS)では多くの場合、運動やストレス解消法(瞑想、リラックス運動など)が神経過敏や興奮の緩和に役立ちます。症状が重い時は抗うつ薬で改善を行う場合もあります。

自分の症状に合わせた対処を行いつつ、症状が重い時には医師に相談してみることも必要です。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ