生理痛の対処法

生理痛をやわらげるために

「痛い、痛い」と言っていても、生理痛は楽にはなりません。毎月のことですから、少しでも快適に過ごせるようにしたいものですね。
よい解決法が見つかれば、おのずと心身ともに楽になるはず。
気持ちをポジティブに持って、生理痛を少しでも軽くするためにいろいろ工夫してみましょう。
監修:吉田医院 網野幸子先生

鎮痛薬を服用する

鎮痛薬を飲んで生理痛を抑えるのもひとつの方法です。

おなかや腰を温める

冷えは生理痛の大敵です。保温性の高い下着やカイロなどを使って、おなかや腰を温めるようにしましょう。特に夏は強めの冷房に要注意。また、身体をきつく締め付ける下着や服装も血行の妨げになります。

夏でも冬でもカラダは冷やさない

夏は暑いからといってエアコンを全開にしたり、冷たい飲み物をガブガブ。冬は我慢をして薄着をし、入浴はシャワーだけ…。その行動、女性ホルモンを犠牲にしています!

ゆっくり入浴する

入浴で体を温め血行を促すことによって生理痛は緩和されますし、イライラを鎮める効果も期待できます。ぬるめのお湯にゆっくり入り、血液の循環を良くしましょう。生理中は入浴を控えるという人もいますが、湯舟の中は水圧があるので、月経の血液が流れ出すことも、子宮内にお湯が入ることもありません。ただし、湯舟から出ると急に経血が流れ出ることがあるので温泉や大浴場は遠慮しておきましょう。

女性のイラスト 女性のイラスト

無理はしない

「つらい、でも頑張らなくては」という思いがストレスになることがあります。出血量が非常に多いときや痛みがひどい場合は、激しいスポーツやハードな仕事、立ちっぱなしの仕事などはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

リフレッシュ方法を見つける

ご自分の好きなリフレッシュ方法を見つけてください。

  • 部屋でゴロゴロする
  • 好きな音楽やビデオ、本など趣味を楽しむ
  • 自分の好きな香りで心をリラックスするアロマテラピー
  • 軽い散歩、ストレッチや軽いスポーツで気分を爽快に

心のメンテナンス

生理中、痛みともにイライラしたり落ち込んだり。そんな時はココロの声に耳を傾け、セルフケアを!スーッとココロが穏やかになっていくのを感じましょう。

家族に理解してもらう

パートナーや家族に自分の生理の状態を理解してもらい、つらいときには協力を頼みましょう。家事を代わってもらったり、痛い腰をさすってもらうなど、家族とのいい関係が精神的なリラックスにもつながります。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ