子どもの症状

子どもの打ち身・捻挫

家庭での応急処置をおぼえて。


活発な子供(子ども)は、転んだり、ぶつかったりして、なま傷がたえません。家庭でもできる打ち身、捻挫の応急処置をおぼえておきましょう。

打ち身、捻挫、突き指など、遊びやスポーツをしていて起こりやすいけがは、早めの手当てが長引かさない秘訣です。

応急処置の基本、RICE療法

応急処置の基本として、RICE療法を覚えておくと便利です。
R(REST)は、安静、動かさない。
I(ICE)は冷却。冷やし過ぎには注意しましょう。
C(COMPRESSION)は圧迫。圧迫し過ぎには注意しましょう。
E(ELEVATION)は、挙上(上に挙げる)という意味で、出血や内出血があるとき、患部を心臓より高くして出血や腫れを防ぐということです。

打ち身の応急処置

打ち身なら、強く打ったところを動かさないように、タオルや包帯、添え木で固定します。痛みや炎症がある間は、患部を氷などで冷やします。
お風呂は患部を温めるので、禁物です。
内出血して腫れてきたら、脚や手をイスに乗せたり三角巾でつったりして、心臓より高いところに持っていくようにします。

捻挫や突き指の応急処置

捻挫や突き指でも、基本は同じです。痛みがひどいときは、鎮痛薬で痛みを抑えてもよいでしょう。
痛みや腫れがおさまったら、患部を蒸しタオルなどを使って温湿布をしたり、お風呂に入っても大丈夫です。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ