子どもの症状

子どもの頭痛

熱がないか確かめて、原因を調べましょう。


子どもの頭痛について

子供(子ども)の頭痛は、腹痛などと比べると少ないのですが、小さな子供(子ども)でも「あたまが痛い」と言うことがあります。鼻や目などの病気が原因ということもあるので、原因はしっかり調べましょう。
子供(子ども)が「あたまが痛い」というときに、「どんなふうに痛いの?ズキズキ痛い?ズシンと痛い?」と質問攻めにすると、子供(子ども)はかえって混乱してしまいます。「脳腫瘍だったらどうしよう」とあわてるお母さんもいますが、何の前触れもなく吐いたりしない限り、脳腫瘍の心配はほとんどない、といってよいでしょう。

子どもの頭痛の原因

子供(子ども)の頭痛は、風邪(かぜ)などで発熱に伴うことが多いです。熱がないかどうか、まず確かめてください。その他には、体調不良、鼻炎などの鼻づまり、運動不足や肩こり、心配事や精神的なストレス、眼精疲労などが頭痛の原因として考えられます。
痛みがしょっちゅうある場合や慢性化している場合は、風邪(かぜ)以外の病気や、両親どちらかに偏頭痛があり、子供(子ども)に体質が遺伝しているということもあります。風邪(かぜ)でもないのに、子供(子ども)がひんぱんに頭痛を訴えるようなら、病院で原因を調べてもらうようにしましょう。

風邪(かぜ)による頭痛では、吐き気をともなうことがありますが、その場合は吐かせてあげるとラクになることもあります。鎮痛薬をのんで、ぐっすり眠ると、すっきりすることも多いので、つらそうなときは鎮痛薬をのませるのもひとつの方法です。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ