MENU

プレミアム処方の秘密

「速く効くだけじゃない。カラダのことまで考えたプレミアム処方。」の秘密 「速く効くだけじゃない。カラダのことまで考えたプレミアム処方。」の秘密

秘密1 最新の独自技術「クイックアタック錠」

秘密1 最新の独自技術「クイックアタック錠」

これまで両立が困難であった「錠剤の速崩壊」と「イブプロフェンの速溶解」を可能にした「クイックアタック錠」の開発に成功しました。

錠剤の速崩壊技術

錠剤の速崩壊技術

錠剤が素早く崩壊 | 親水性粒子が錠剤に素早く水を取り込み、崩壊剤がその水を吸収したら膨らみ、錠剤を素早く崩壊。 錠剤が素早く崩壊 | 親水性粒子が錠剤に素早く水を取り込み、崩壊剤がその水を吸収したら膨らみ、錠剤を素早く崩壊。

イブプロフェンを速く溶かすためには、表面を水溶性高分子でコーティングすることが一般的ですが、水溶性高分子が錠剤の崩壊性を悪化させる問題がありました。『バファリン プレミアム』では、新たに「リン酸二水素カリウム」を配合することで、錠剤内に素早く水を取り込ませ、錠剤の崩壊性を向上させることを実現しました。

イブプロフェンの速溶解技術

イブプロフェンの速溶解技術

イブプロフェンが速く溶ける | イブプロフェン粒子 | 粉砕 | 水になじむようイブプロフェンの表面を水溶性高分子でコーティング イブプロフェンが速く溶ける | イブプロフェン粒子 | 粉砕 | 水になじむようイブプロフェンの表面を水溶性高分子でコーティング

解熱鎮痛成分であるイブプロフェンは水に溶けにくい性質を持ち、服用したとき胃で溶け出すのに時間がかかります。イブプロフェンを細かく粉砕することで水と接触する表面積を増やし、さらに水溶性高分子でコーティングすることで水分となじみやすくし速く溶かすことを実現しました。

秘密2 日本で唯一の独自処方

秘密2 日本で唯一の独自処方

すぐれた鎮痛効果を持つ“ダブル処方”を、バファリンが発見。

すぐれた鎮痛効果を持つ“ダブル処方”を、バファリンが発見。

「イブプロフェン」と「アセトアミノフェン」を1:1で配合するダブル処方が、高い鎮痛効果を発揮することをバファリンが発見しました。痛みを抑えるメカニズムとして、「イブプロフェン」が痛みのもと(末梢神経)に、「アセトアミノフェン」が痛みの伝わり(中枢神経)のそれぞれに作用します。
さらに、鎮痛補助成分である「無水カフェイン」「アリルイソプロピルアセチル尿素」を加えることで、すぐれた効き目となっております。

ダブル処方 | イブプロフェン | アセトアミノフェン ダブル処方 | イブプロフェン | アセトアミノフェン

秘密3 胃への”やさしさ”を追求

秘密3 胃への”やさしさ”を追求

「アセトアミノフェン」と「胃粘膜保護成分」の2つの働きで胃にやさしい

「アセトアミノフェン」と「胃粘膜保護成分」の2つの働きで胃にやさしい

「イブプロフェン」などの鎮痛成分によって発生する胃障害に対し、「アセトアミノフェン」には鎮痛効果だけでなく、胃障害を抑制する効果があります
加えて胃粘膜保護成分「乾燥水酸化アルミニウムゲル」を配合することにより、高い胃障害抑制効果を実現しました。
※「アセトアミノフェン」による胃障害抑制の仕組みを2012年に解明

正常な胃の断面図 正常な胃の断面図

秘密4 開発者のこだわり

秘密4 開発者のこだわり

「アセトアミノフェン」と「胃粘膜保護成分」の2つの働きで胃にやさしい

薬品第1研究所
バファリン開発担当
増井 宏之

「バファリン」発売から50年間蓄積した製剤化技術の集大成

バファリン プレミアムの開発にあたっては、“バファリンの最上位アイテム”を開発するといった高い目標を掲げ、チームで一丸となり研究開発に挑んで参りました。

ユーザー調査を通じて、つらい頭痛に悩むお客様は、「効き目の速さ」「鎮痛効果の高さ」はもちろん「体への負担が少ない」ことも求めることが分かっておりました。そこで、より速く、より優れた効き目といった高機能性と、胃へのやさしさの両立といった技術的に高いハードルを設定しました。その結果、上記でお示しした“独自技術”の開発と“独自処方”の発見に到達いたしました。これは、バファリンが長年培った製剤化技術の賜物と言えるかと思います。

1人でも多くの人の頭痛などの痛みをやわらげ、日々の生活を快適に過ごしていただけるよう、これからも“バファリン”ブランドは、挑戦し続けます。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ