頭痛薬バファリンA商品情報

頭痛薬バファリンA商品情報

バファリンA商品情報
  • 理由1.痛み、熱を抑える

    バファリンAの鎮痛成分「アセチルサリチル酸(アスピリン)」は、痛みや熱のもとになるプロスタグランジンの生産を抑制します。

  • 理由2.早く効いて、胃にやさしい

    バファリンAの緩衝成分「ダイバッファーHT」は、アセチルサリチル酸(アスピリン)の吸収を助け、胃の粘膜を保護します。

  • 理由3.眠くなる成分が入っていない

    バファリンAには眠くなる成分が入っていませんので、効果的なタイミングで服用していただけます。

この医薬品は「使用上の注意」をよく読んでお使いください。
アレルギー体質の方は、必ず薬剤師、登録販売者にご相談ください。

成分(1錠中)
  • アセチルサリチル酸(アスピリン)・・・330mg
  • 合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT)・・・100mg

※添加物としてトウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、酸化チタン、マクロゴール、青色1号を含有する。

※ピリン系の成分は、含まれておりません。

効能・効果
  1. 1) 頭痛・月経痛(生理痛)・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・咽喉痛・歯痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・ねんざ痛・骨折痛・外傷痛・耳痛の鎮痛
  2. 2) 悪寒・発熱時の解熱
規格
10錠、20錠、40錠、60錠、80錠
用法・用量

成人(15才以上)、1回2錠、1日2回を限度とし、なるべく空腹時を避けて服用し、服用間隔は6時間以上おいてください。

※月に10日以上服用する場合は、医師の診療をお勧めします。

お問い合わせ

ライオン株式会社お客様センター

  • 電話:0120-813-752
  • 受付時間:9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ