バファリンの特徴

痛みや熱への速い鎮痛解熱効果だけじゃない。 バファリンは、”みなさまの快適ライフ”を支える薬です。

日常的な頭痛、生理痛、急な発熱まで、バファリンは、さまざまな症状に合わせてお使いいただけます。
痛みや熱への早い鎮痛解熱効果はもちろんのこと、「胃への刺激が少ない薬を飲みたい」「飲んだあと眠くなりたくない」「小さな子どもには専用の薬を飲ませたい」などのニーズに、幅広いラインナップでおこたえします。

3つの特徴

1.すぐれた効き目

バファリンシリーズには、解熱鎮痛成分として「アセチルサリチル酸(アスピリン)」や「イブプロフェン」などが配合されています。また、鎮痛効果を補助する役割として、「無水カフェイン」「アリルイソプロピルアセチル尿素」などが配合されている商品もあります。

2.胃にやさしい

『バファリンA』に配合されている「ダイバッファーHT(制酸剤)」は、アセチルサリチル酸(アスピリン)を早く溶かし、アセチルサリチル酸(アスピリン)の吸収を助け、胃粘膜への直接刺激をガードします。また、『バファリンルナi』『バファリン プレミアム』に配合されている「乾燥水酸化アルミニウムゲル(胃粘膜保護成分)」は、胃粘膜に皮膜を形成し、胃の粘膜を保護します。

3.速さの秘密

『バファリンルナi』『バファリンかぜEX』は、解熱鎮痛成分イブプロフェンを速く溶かす独自技術「クイックメルト製法」を採用しております。『バファリン プレミアム』には、この「クイックメルト製法」と錠剤をスピーディに崩壊させる「FASTab技術」を合わせた「クイックアタック錠」を採用しております。

お子様の症状・年齢に合わせて選べるラインナップ

お子さまのバファリン

胃にやさしい「アセトアミノフェン」が主成分。剤形、味についても、お子さまに配慮しています。

ページトップへ