MENU

自分の頭痛の原因や種類を知ろう

自分の頭痛の原因や種類を知ろう

季候からくる頭痛
暑さに伴う頭痛(夏の気温の変化、クーラーなどによる)

夏の暑さと冷房の効いた部屋の温度差で急な気温の変化に体がついていけず、
頭痛をおこしやすくなります。いわゆるクーラー病の症状を予防するには…

夏の暑い日に気をつけたいこと

季節の変わり目に体調を崩す人が増えています。例えば夏の暑い日、冷房の利いた室内から外出すると急な気温の変化に体がついていけず、頭痛を起こしやすくなるのです。こうした症状は女性のみならず男性にも起こり、悪化すると本格的な病気を引き起こす危険性もあり、注意が必要です。
では、こうした暑さに伴う頭痛にはどんな対処をすればよいのでしょうか?

さまざまな症状を引き起こす「クーラー病」とは?

夏に増える体調不良の原因といえば、クーラーによる急激な温度変化。一般的に「クーラー病」と呼ばれるこの病気は、クーラーで冷やされたオフィスや乗り物と外の温度差が大きくなり、その差を頻繁に体感しているうちに体の調整機能が乱れると症状が表れます。冷えにより頭痛になりやすいのも、これが原因だと言われています。
本来、体の機能を維持して健康でいられるよう、私たちの体には気温の変化に対応できるような調整機能が備わっています。ですが、このような環境に長時間身を置くと調整機能が鈍ってしまい、肩こりや頭痛、さらには食欲が減ったりしてしまうのです。

こうした症状を予防するには…

これらの症状を予防するにはまず、外と室内の温度差を少なくすることが大切です。まずは室内のクーラーの設定温度を27~28℃くらいに調整しましょう。職場によっては室内温度をむやみに調整できない場合もありますね。そんなときはカーディガンなど羽織るものを用意して、しっかり防寒しましょう。
つぎに、体を温めることも大切。暑い日はどうしても冷たい飲み物を飲みたくなりますが、深部体温が低くなると全身に症状が表れやすくなります。温かいお茶を飲んだり、38℃くらいのお風呂にゆっくりと浸かって、体を温めることも効果的です。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ