MENU

自分の頭痛の原因や種類を知ろう

自分の頭痛の原因や種類を知ろう

生活環境からくる頭痛
二日酔いに伴う頭痛

二日酔いによる頭痛の主な原因はアセトアルデヒドと脱水症状。
コーヒーやスポーツドリンク等の飲み物で解消できる場合もあります。

ズキズキとした激しい痛み

二日酔いによるズキズキとした激しい頭痛。これはアルコールの過剰摂取によるものですが、吐き気や下痢、だるさなどを伴う場合が多く、その原因と対処法はさまざまです。

主な原因は「アセトアルデヒド」と「脱水症状」

アルコールを大量に摂取すると、肝臓で分解しきれなかった「アセトアルデヒド」という成分が血中に残ります。アセトアルデヒドは強い毒性があり、血液中に残ってしまうと、血管が多くの酸素を取り入れるために拡張し、脳内神経が刺激されて頭痛を引き起こします。
また、アルコールには利尿作用があり、摂取量の約4倍もの水分が体から失われます。
脳下垂体は、体内の水分を保つホルモン分泌を抑え、水分が直接膀胱に流れ込むようになるため、排尿が頻繁になるなどして、「脱水症状」になります。
脱水状態になると、脳が水分を失い縮んでしまうことで、頭蓋骨周囲の頭痛を引き起こし、吐き気、疲労感、食欲不振、下痢などの各種症状を伴う原因にもなります。

飲料摂取で対処

・アセトアルデヒドが原因の頭痛

血管の拡張作用によって炎症を起こしているため、血管を収縮させる作用のある成分の摂取が効果的です。代表的なのは、コーヒーやカフェインですが、牛乳などに含まれるセロトニンにも同じ作用があります。

・脱水症状が原因の頭痛

大量の水分が失われた体には水分補給が欠かせません。その中でも、スポーツドリンクは失われたナトリウムやカリウムの補給ができ、体内への吸収も素早くできます。
また、アルコール分解を早めるしじみや魚介類のお味噌汁も栄養補給に優れています。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ