頭痛のメカニズム 頭痛について

監修:富士通クリニック / 東京クリニック 五十嵐 久佳 先生

頭痛について

15歳以上の日本人の4割は頭痛持ちといわれています。家族、親戚、職場や学校などで頭痛に悩んでいる人の話を聞いたことが一度はあるのではないでしょうか。 耐えがたいほどの痛みもあれば、一時的なものですぐに治るものもあります。

また、脳の重大な病気が隠れている場合もありますから、たかが頭痛と軽く考えるのは危険です。

頭痛は、ストレスや性格、姿勢の悪さなどさまざまな要因で生じることもあり、生活態度に気をつけるだけでも、起こりにくくしたり、痛みを軽減できるものもあります。 まずは、ご自分の頭痛はどのタイプなのかを把握しましょう。

頭痛のメカニズム

頭痛のメカニズム

実は、頭蓋骨や脳そのものはつついても痛みを感じません。頭部で痛みを感じる場所としては、骨膜、太い血管、硬膜、頭皮、頭を覆う筋肉、脳神経、上部頸髄神経などです。これらの組織が圧迫されたり、引っ張られたり、炎症を起こしたりすると痛みを感じます。

ページトップへ