夏と言えば暑さ、そして待ちに待った夏休み!
でも夏にはいつも以上に痛みに用心すべきことがいっぱい。
暑さしのぎで身体を冷やしたら痛みが増してしまうとか、海・山・花火・
旅行などの外出中の急な痛みとか。
きちんと痛みに対処して楽しい夏を過ごしましょう!!

夏冷えによって痛みが悪化することも…

知ってますか?
夏冷えが痛みを悪化させるかも!?

かき氷を食べる若い女性二人

暑い夏、冷えとは無縁と思いがちですが、この時期に体が冷えるという女性は少なくありません。たとえば、冷房の利いた室内でのオフィスワーク、外出時に感じる室内外の温度差、素足にサンダルというスタイル、氷の入った冷たい飲み物ばかり飲むといったことは、誰でも身に覚えのある夏ライフだと思います。「ただ、こうした習慣が気づかないうちに手足だけでなく内臓まで冷やしてしまうのです」というのは、産婦人科医の丸山綾先生。この“夏冷え”が「生理痛や頭痛の痛みを悪化させる原因にもなります」と丸山先生は警鐘を鳴らしています。

丸山 綾先生の写真 丸山 綾先生の写真

霞が関ビル診療所 産婦人科医

丸山 綾先生

1999年日本大学医学部卒業。駿河台日大病院、丸の内クリニック等を経て2011年より現職。日本産科婦人科学会(専門医)、日本東洋医学会(専門医)所属

1999年日本大学医学部卒業。駿河台日大病院、丸の内クリニック等を経て2011年より現職。日本産科婦人科学会(専門医)、日本東洋医学会(専門医)所属

かき氷を食べる若い女性二人
当てはまる人はご用心! 当てはまる人はご用心!
  1. 1.冷たい飲み物をよく飲む

    氷入りの飲み物は内臓を冷やしてしまうので、「氷なし」が鉄則。水分補給は常温か温かい飲み物で。

  2. 2.素足でサンダルというスタイルが多い

    足は特に冷えるので、素足はNG。ストッキングやフットカバーを履くようにしよう。

  3. 3.冷房の利いた場所で長時間過ごす

    首、手首、足首などくびれた部分を温めることが大切。冷えてしまった場合は、入浴時に湯船に浸かったり、足湯で体を温めて。

  4. 4.冷房の利いた屋内から屋外への出入りが多い

    温度差によって自律神経が乱れ、体温調節ができなくなり冷えの原因に。羽織るものの脱ぎ着で調節したり、冷房の利いた場所では温かい飲み物で体を温めよう。

  5. 5.冷房が苦手なので扇風機の風に当たる

    扇風機の使い方に注意。直接風に当たると体を冷やす結果に。風を循環させて、体に当たるのを避けて。

準備できてる?夏イベントの対策

イベントの時の
急な生理痛・頭痛に!!

海辺の写真

夏休みを使って長期の旅行に出かけたり、花火を見に行ったり、何かとイベントが多いこの季節。ウキウキ気分で出かけたら予定より早く生理が来た!急に頭痛が…、という経験はありませんか?せっかくのイベント、痛みになんか負けてられないですよね。そんな時の生理痛薬・頭痛薬として、持ち物にバファリンルナiをプラスして、辛くなったらかばんの中を思い出してください。バファリンルナiのダブル処方が痛みを抑えて楽しい思い出作りをお手伝いします!

海辺の写真

見過ごされがちな生理周期による頭痛
~ダブル処方の理由~

そもそも生理前後は“痛み”のリスクが高まる時です。腹痛や腰痛といった生理痛は生理周期、つまりホルモンバランスの変化によって起こりやすくなります。繰り返し起こる頭痛も生理周期に関連したものと考えられ、女性ホルモンの影響により、排卵の時期と生理直前に発生しやすくなると言われています。

詳しくはこちらをクリック!生理痛・頭痛にダブル処方が効く 製品特長をチェック

詳しくはこちらをクリック!生理痛・頭痛にダブル処方が効く 製品特長をチェック

季節のお悩み対策法 女性を応援する、季節連載コンテンツ

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ