“女性ホルモン”養成講座

女性ホルモンを制すものが、綺麗と健康を制す!

オトナ女子のための “女性ホルモン”養成講座

LESSON 11 2014/03/10

生理周期によって肌は変化する! 春に向けてスキンケアを再チェック。
潤いとハリに満ちた美肌の秘訣とは?

365日同じスキンケアは、この春で卒業!
ホルモンバランスに合わせた美肌レッスン

厳しい寒さがやわらぎ、待ちに待った春の到来!春色のメイクやファッションを楽しむために、カサついた肌に潤いを与えてコンディションを整えていきましょう。ご存知の通り、私たちのカラダは女性ホルモンの影響を受けており、体調だけでなく肌状態も生理周期によって変わっていきます。つまり、女性ホルモンの分泌リズムに合わせたスキンケアが美肌への近道。今までのスキンケアを一度リセットして、うるツヤ肌でハッピーな春を呼び込みましょう!

廣瀬 嘉恵

廣瀬 嘉恵 yoshie hirose

美容皮膚科医

女性ホルモンのサイクルを頭に入れて、
一歩進んだ周期別スキンケアを。

毎日同じスキンケアをしているのに、肌の調子がよい日と悪い日があります。それをコントロールしているのが、生理周期によって移り変わるホルモンバランスです。生理1日目から数えて、次の生理が始まる前日までの28日間(個人差があります)は大きく3つの期間に分かれ、その時々で肌が求めるものは違ってきます。必要に応じた対策をすることで、肌トラブルが起きても最小限に食い止めることができるのです。自分の生理周期をチェックして、一歩進んだスキンケアを始めましょう!

①月経期

お肌のコンディションは?

生理が始まってからの1週間は、体温がいつもより低めになるため、血行不良になりやすく、肌も乾燥しやすくなります。みずみずしさが失われがちな一方、黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、脂っぽくなったり、ニキビができやすかったり。お肌が敏感になっている時期です。

スキンケアのポイント

肌の潤いを逃がさない“保湿”のスキンケア

肌トラブルを解消するために過剰なケアを行うと、逆に悪化したり、ニキビ跡が残ってしまったりする場合があります。洗顔は1日2回まで、普段よりも優しく洗うように心がけ、化粧水・乳液・クリームなどでしっかりと保湿ケアを行いましょう。肌のバリア機能が衰えるため、新しいスキンケアを試すのは避け、使い慣れている化粧品でいつもと同じケアを。 ムダ毛のシェービングやパックなどのスペシャルケア、頭皮に刺激を与える髪のパーマやカラーリングも控えて。また、ニキビができてしまった場合でも、化粧水などでしっかり保湿することが大切。油分を含むクリーム類はニキビの部分を避けて塗るようにしましょう。

②卵胞期

お肌のコンディションは?

生理直後から排卵日にかけて、潤いの女性ホルモン「エストロゲン」の分泌がピークに。皮膚のバリア機能や保湿機能が高まり、コラーゲンが活発に生成されるため、肌は水分量たっぷり、ハリやツヤを実感できるでしょう。また、エストロゲンは皮脂の分泌量を抑える働きもあり、ニキビなどの肌トラブルが起こりにくくなります。

スキンケアのポイント

角質ケアやマッサージなどで“攻め”のスキンケア

1カ月の中で最も肌のコンディションがよく、比較的刺激に強い状態なので、さらなる美肌を求めて“攻め”のスキンケアを行うのに最適。新しいスキンケアやコスメを試すのはもちろん、+αのスペシャルケアも挑戦してみましょう。角質ケアピーリング話題の美顔器を使ったスキンケアをはじめ、エステでのマッサージや毛穴ケア、美容皮膚科でのイオン導入やレーザー治療などもこの時期ならOK。ただし、肌が絶好調だからといって過剰にならないよう気をつけて。メイクを落とさずに寝てしまうのもNGです。最低限のスキンケアは欠かさないようにしましょう。

③黄体期

お肌のコンディションは?

排卵日を過ぎると少しずつ調子が下降していきます。特に、生理直前の7日間は最もコンディションが悪くなるトラブル期。オイリーになるので吹き出物ができやすく、紫外線にも過敏になるためシミ、そばかすができやすくなります。また、黄体ホルモンの影響で体内に水分を溜めこみやすい時期。肌の新陳代謝が衰え、むくみがち、くすみがちに。

スキンケアのポイント

紫外線や乾燥から守る“低刺激”のスキンケア

肌の内側が乾きやすく、バリア機能も弱りがちなので、保湿ケアでバランスを整えながら紫外線ケアを念入りに行いましょう。月経期と同じく朝晩2回の洗顔で十分ですが、毛穴の汚れを落とすように優しく丁寧に洗い、洗顔後にはしっかりと保湿を。過剰なスキンケアは禁物です。普段使用している化粧品や日焼け止めで刺激を感じる場合は、より低刺激なスキンケアに切り替えて。 また、運動や食事でカラダの内側からケアするのも効果的。生理前は水分をたっぷり摂り、軽めの有酸素運動で汗を流したり、半身浴で身体を温めながらマッサージをしたりして、全身の血行を促進するとよいでしょう。生理前のニキビや吹き出物が気になる人は、野菜中心・油分控えめの食事を心がけて。

頭痛がひどいとお悩みの方

その頭痛、生理と関係があるかも!?

頭痛が起きた時「頭痛もちだから」と自分で判断してしまっていませんか?もし、その頭痛が繰り返し起きているようなら、それは“生理周期に関連した頭痛”かもしれません。実は頭痛も生理周期による不調の一つであり、特に生理前と生理中に発生しやすいのです。

次回は「総集編 女性ホルモンと上手に付き合い続けていくために」をご紹介します。
お楽しみに♪♪

今回お話を伺ったのはこの方

廣瀬 嘉恵

廣瀬 嘉恵
yoshie hirose

美容皮膚科医

東京大学医学部大学院を卒業後、大学病院での皮膚科勤務を経て、2003年に「医療法人社団 優恵会 ひろせ皮フ科」を開院。2012年には銀座に「銀座よしえクリニック」をオープン。トータルビューティーを目指し、頭髪、美肌、痩身、各種アンチエイジングの治療などを幅広く行っている。外面だけでなく、内面からも女性の輝きを引き出す美肌メソッドに定評がある。

次回更新は4月10日です!

前へ

次へ

バファリンシリーズ一覧

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ