“女性ホルモン”養成講座

女性ホルモンを制すものが、綺麗と健康を制す!

オトナ女子のための “女性ホルモン”養成講座

LESSON 10 2014/02/10

温泉効果で女性ホルモンを活性化 美肌、冷え性撃退、ストレス浄化…
女性にいいこと尽くめの温泉旅へ!

この冬は、リラクゼーションだけでなく
女性ホルモンの視点で温泉を楽しみましょう。

厳しい寒さで身も心も冷えきる2月は、湯気の立ちのぼる温泉が恋しい…。カラダを芯から温め、自然の中でストレスを発散でき、さらには代謝アップやデトックスなども期待できる天然温泉は、まさに女性ホルモンの味方です。冬の温泉旅を計画するなら、女性が注目したい泉質や、温泉パワーを最大限に高める入浴方法をチェックしてから出かけましょう!

石井宏子

石井宏子

温泉ビューティ®研究家・トラベルジャーナリスト

冷えやむくみ、ストレスなど、
女性の悩みにうれしい泉質を知ろう。

さまざまな成分を含有する温泉は、まさに「美肌の素」「健康の素」のカクテル。成分の組み合わせは温泉によってひとつひとつ異なり、泉質は大きく分けて9種類に分類されます。ここでは、女性ホルモンを乱す原因となる冷えやストレスを和らげる泉質や、女性特有のトラブルにパワーを発揮する泉質をセレクト。悩みに合わせて温泉地を選んでみましょう。

冷えには「塩化物泉」

肩こりや腰痛、肌荒れ、便秘など、女性を悩ませるトラブルの多くは冷えや血行不良が関係しています。カラダの芯まで温めることで、発汗や血流を促進してくれる温泉の中でも、とりわけ保温作用が高いのが「塩化物泉」。塩の成分が薄いヴェールのように肌を包み、保護膜となって肌の水分や熱を逃げにくくします。湯上り後も手足の先までポカポカが持続。

【塩化物泉の温泉地】静岡県・熱海温泉/兵庫県・有馬温泉/山形県・肘折温泉など

ストレス・睡眠不足には「単純温泉」

ストレスや睡眠不足で疲れがたまっている時は、優しい作用の温泉でゆったりと心身を解放しましょう。「単純温泉」は、温泉の溶存物質(含有する成分)が少ないマイルドな温泉ですが、実は歴史ある名湯も多数存在します。海辺の温泉は、海洋性ミネラルが心身をリラックスさせてくれるので特におすすめ。山の場合は標高の低い高原の温泉を選んで。

【単純温泉の温泉地】大分県・由布院温泉/岡山県・奥津温泉/福島県・須賀川温泉など

むくみ、シミ・くすみ対策には「硫黄泉」

なんだかカラダが重くて便秘がち、肌の調子もイマイチ…。老廃物や不要なものがカラダに溜まっているサインかもしれません。そんな時は、デトックスが期待できる「硫黄泉」がおすすめ。毛細血管の拡張作用により血流がアップし、血のめぐりが良くなることで代謝をサポートします。老廃物の排出を促し、内側から輝くツヤ肌へ導いてくれます。

【硫黄泉の温泉地】群馬県・万座温泉/福島県・高湯温泉/長崎県・雲仙温泉など

ホルモンバランスを整えるなら「放射能泉」

カラダがなんとなくスッキリしない、体調が優れない時は「放射能泉」。ラジウム泉、ラドン泉などとも呼ばれる温泉です。体の細胞を活性させ、自律神経やホルモンバランスを整えると言われており、昔から“子宝の湯”と呼ばれています。ラジウム成分は吸引によっても体に取り込めるので、ゆっくり呼吸をしながら静かに入浴しましょう。

【放射能泉の温泉地】新潟県・栃尾又温泉/新潟県・村杉温泉/鳥取県・三朝温泉など

温泉パワーを十分に得るために、
これだけは守りたい入浴法とは?

いくらビューティパワーに優れた温泉といえども、ただ長く浸かれば良いわけではありません。大切なのは、カラダの深い部分の温度(深部体温)を上げること。つまり、カラダの芯までしっかりと温まることがポイントです。そのためには、“ほどほど”入浴を心がけ、3回くらいに分けて入る分割浴がおすすめ。“ほどほど”の目安には個人差がありますが、「うっすらと額が汗ばんできたかな?」と思ったら上がり時。汗が流れ落ちるほど浸かるのはNGです。
温泉効果は湯から上がってからも3時間持続するといわれています。入りすぎはのぼせや湯あたりの原因になるので、“腹八分目”の気持ちで入りましょう。

入浴前〜入浴後に気をつけたいポイント
①入る前にも水分補給

温泉に入る15分くらい前までに水分補給を。血流の良い状態にして温泉に入りましょう。

②かけ湯は準備運動

これから入る温泉で「かけ湯」をし、肌とカラダを温泉の成分に慣らしましょう。
桶に温泉をくみ、心臓に遠い足先〜上半身の順番でたっぷりと湯をかけていきます。
最初は熱かったり刺激を感じたりする温泉も、すっと入ることができます。

③湯あたり予防の入浴術

温泉初日の入浴時間(湯船に肩まで浸かっている時間)の目安は、トータルで30分くらいまで。
上で説明した“ほどほど”の分割湯を行い、のぼせを防ぎながらカラダの深い部分まで温まります。

④入浴後は休息を

入浴後30分くらいは、水分補給をしながらカラダを冷やさないようにして休息しましょう。
これが免疫力や美肌を整える大切な時間になります。

旅行の急な頭痛にも、ルナiを忘れずに!

製品特長

その頭痛、生理と関係があるかも!?

頭痛が起きた時「頭痛もちだから」と自分で判断してしまっていませんか?もし、その頭痛が繰り返し起きているようなら、それは“生理周期に関連した頭痛”かもしれません。実は頭痛も生理周期による不調の一つであり、特に生理前と生理中に発生しやすいのです。

次回は「生理周期に合わせたスキンケアレッスン」をご紹介します。
お楽しみに♪♪

今回お話を伺ったのはこの方

石井宏子 ishii hiroko

石井宏子
ishii hiroko

温泉ビューティ®研究家・トラベルジャーナリスト

温泉の美容力を研究する日本でただひとりの温泉ビューティ研究家。温泉旅で心もカラダもきれいになる“ビューティツーリズム”を提唱。トラベルジャーナリストとして取材執筆・温泉の講演などで年200日全国を旅する。著書「だから行きたくなる温泉セラピーの宿」(集英社)など。温泉旅に出かけたような気分になれる音楽CD「ONSEN~朝の時間~」(ユニバーサルミュージック)発売。
公式サイト「温泉ビューティ®」

http://www.onsenbeauty.com

次回更新は4月10日です!

前へ

次へ

バファリンシリーズ一覧

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ