子どもの症状

つらい歯の痛み

原因はほとんどむし歯。少しでも早く受診を。


歯の痛みは大人でもつらいのですから、子供(子ども)にとってはなおさらです。最近はむし歯に気をつける親が多くなったので、子供(子ども)のむし歯は減っていますが、むし歯がたくさんできる子と、むし歯ゼロの子の両極化が進んでいます。
また、子供(子ども)にも歯周病が増えています。食生活や生活習慣を見直し、むし歯や歯周病の予防に心がけましょう。

歯の痛みがあるときは

歯が痛いときは、少しでも早く歯医者さんに行くことが大事です。成長期の子供(子ども)の場合、初期のむし歯は削らずに治すのが最近の歯科医の傾向ですから、歯医者さん嫌いにならないためにも、早めの受診が大切です。
子供(子ども)の歯痛の原因は、ほとんどがむし歯だと思われます。むし歯菌が歯を溶かして、神経の近い所で炎症を起こすのがむし歯です。
すぐに歯医者さんに行けないときは、痛いほうの歯のある頬を、冷たいタオルなどで冷やし、炎症をおさえると痛みがやわらぎます。鎮痛薬で痛みをやわらげるのもひとつの方法です。

むし歯を予防するには

むし歯予防で、なにより大切なのは、じょうぶな歯を作ることです。乳製品や小魚、肉類など、カルシウムの多い食事を心がけてください。また、カルシウムが歯や骨に届くためには、ビタミンDも必要です。ビタミンDは紫外線に当たると形成されるので、外遊びも大事です。よく噛んで、たくさん唾液を出すとむし歯菌も減ります。逆にだらだら食いや糖分の多いスポーツ飲料ばかりのませると、むし歯菌をふやす原因になりますから注意しましょう。
歯磨きをしていてもむし歯ができるというのは、歯がうまく磨けていない証拠です。歯は生えてから数年が一番弱いので、生え始めや生え変わりの時期は、親がしっかり仕上げ磨きをしてください。歯は一生の宝ですから、小さいうちに歯によい習慣を身につけてほしいものです。定期的に歯医者さんでむし歯をチェックしてもらうのもよい方法です。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ