子どもの症状

かぜなの?インフルエンザなの?

インフルエンザの症状あり…早めに病院へ。


「風邪(かぜ)は万病のもと」とよく言われます。
風邪(かぜ)を引くときは、抵抗力が弱っているため、いろいろな病気にもつながりやすいのです。
インフルエンザも風邪(かぜ)の仲間ですが、症状は風邪(かぜ)よりグンと重く、進行が早いのが特徴です。
子供(子ども)にとってはつらい病気ですから、インフルエンザの疑いがあるときは、早めに病院に行きましょう。

かぜとインフルエンザの症状の違い
  • かぜ(感冒)
  •  
  • インフルエンザ
飛まつ感染 経路 空気感染、飛まつ感
37~38℃ 発熱 37~40℃
ゆるやか 進行 急激
くしゃみ、鼻づまり、せき、
のどの痛みなど、局所的な
症状がほとんど
症状 筋肉痛、倦怠感など全身症状を
ともなう。熱性けいれん、脳症、肺炎、
気管支炎など、合併症がある
長くて1週間 期間 1~2週間

かぜの初期症状と対処法

最初が肝心。こじらせないように…。


かぜの原因

風邪(かぜ)の原因の9割近くが100種類以上あるといわれるウイルス、残りが溶連菌などの細菌です。同じ風邪(かぜ)でも、原因によって症状にも違いが出てきます。
ウイルス性の場合、軽い鼻風邪(かぜ)ぐらいなら、2~3日で自然に治るのですが、夏の風邪(かぜ)は高熱、腹痛や下痢をともなうことが多く、冬の風邪(かぜ)はインフルエンザをはじめ、重症になることが多くなります。

かぜの症状

風邪(かぜ)の初期症状は、のどの痛み、鼻汁、頭痛、発熱がほとんどですが、こじらせないようにするためには最初が肝心です。安静にして食事やのみものに気をつけてください。

かぜの対処法

風邪(かぜ)のウイルスに対する特効薬はありません。熱があるときは、冷たいのみものをほしがりますが、ガマンさせる必要はありません。脱水症状を防ぐために、塩分やしょ糖を含んだのみもの(スポーツドリンクなど)をのませてください。食事も、おかゆや雑炊など水分が多く胃腸に刺激の少ないものにしましょう。野菜スープのようにビタミンの多いものも、風邪(かぜ)をはやく治すのに効果的です。

一方、細菌が原因である風邪(かぜ)は、気管支炎になると、せきが強いのが特徴です。細菌は、抗生物質で退治しなければいけないので、病院に連れて行きましょう。

インフルエンザについて

重症になると危険!早めに病院へ。


インフルエンザは冬に流行し、感染力が強いため、流行性感冒ともよばれています。
くしゃみやせきによって、冬場に乾燥した空気中に飛ばされたウイルスで感染するので、流行するのもとても早いのです。

インフルエンザの種類

インフルエンザのウイルスは大きく分けてA型、B型の2種類あり、それぞれのウイルスが毎年すこしずつ変化していきます。そのため、今年A香港型のインフルエンザにかかったから、来年はかからないということにはなりません。

インフルエンザの症状

症状は風邪(かぜ)と比べて重く、急に38~40度の高熱が出て、頭痛や関節痛・筋肉痛といった全身の痛みがあること、熱性けいれん、肺炎、気管支炎などの合併症がでやすいのも特徴です。神経系の合併症として、風邪(かぜ)のときよりは見られやすい熱性けいれん、脳炎、脳症などがあります。けいれんを起こしたり、意識障害を伴うときはすぐに病院に連れていってください。

大人なら安静にしていれば、1~2週間で自然に治りますが、子供(子ども)の場合は、重症になると危険ですので、早めに病院で診断を受けてください。病院では綿棒で、のどや鼻の粘膜をこすり、ウイルスチェックをして、何型のインフルエンザかを診断し、薬を処方されます。
冬になると、よくインフルエンザで学級閉鎖という話を聞くと思います。これは、インフルエンザが学校保健法で「学校伝染病」に指定されているからです。病院でインフルエンザと診断されたら、お医者さんがよいというまで、学校や幼稚園、保育園は休まなければいけません。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ