子どもの症状

子どもの急な発熱

ほとんどがウイルス性ですが、症状をみて…。


急な発熱の原因は、ほとんどがウイルスという病原体による感染症です。
重症感染症の症状として高熱が続くことが知られていますが、高熱だから重症感染症であるとは限りません。熱以外にどのような症状があるかが大切です。発熱で問題になるのは、41度以上の高熱が出る病気ですから、それ以下であれば、他に症状がなければ、様子を見るようにしましょう。

風邪(かぜ)、扁桃炎、気管支炎、インフルエンザ、はしかやおたふく風邪(かぜ)、みずぼうそうなどは、急に熱が出ます。
扁桃炎ならのどに白いブツブツが見えますし、おたふく風邪(かぜ)ならほっぺたがふくらんできます。これらの病気では、発熱だけでよほどつらそうにしていなければ、一晩様子を見て、翌日病院に連れて行っても手遅れになることはありません。安静にし、手足やほっぺたなど、熱くなっているところを冷やし、水分を補給して、熱を逃がしてあげるようにしてください。

生後6ヶ月~1歳の乳児なら、突発性発疹による発熱を経験します。この病気はウィルス性で、多くは心配な病気ではありません。はじめに38~40度ぐらいの高熱が出て、熱が下がってから、からだに赤いブツブツが出るのが特徴です。長くても3日ぐらいで熱が引きます。

注意しなければいけない病気

注意しなければいけない病気としては、髄膜炎や肺炎があります。おう吐やけいれんを伴うとき、意識がはっきりしないとき、泣いたり笑ったりせずモウロウとしているときは髄膜炎の可能性があります。
肺炎は、せきが出て呼吸が苦しく、高熱があるのに顔色が悪くなります。こんなときは、すぐに病院に連れて行ってください。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ