子どもの症状

アレルギーの種類と対策

アレルギーの原因を調べて、症状を抑える生活を。


アレルギーが起こる原因

環境や食べ物の変化により、アトピー性皮膚炎や花粉症など、アレルギーを持つ子供(子ども)が増えています。アレルギーは、遺伝による体質、環境、年齢という三つの要素がからみあって起こります。体質を変えることはできませんが、アレルギー反応による症状をやわらげることは可能です。
人間のからだには、いろいろな物質が外から入ってくると、それが害を及ぼさないようにする免疫反応があるのですが、本来無毒であるものに対して免疫が過剰に反応することをアレルギー反応といいます。

アレルギー反応を起こす物質(アレルゲン)とは

人によりアレルギー反応を起こす物質(抗原、これをアレルゲンとよびます)は異なり、そば・卵・大豆・お米など特定の食品による食物性のもの、空気中のほこりやダニ・ペットの毛・花粉などの吸入性のもの、身に付けている金属や繊維・化粧品・薬などの接触性のものが挙げられます。

アレルギーの症状に関して

また、アレルギーからくる症状もいろいろです。アレルギー反応で多いのが「じんましん」です。他にも鼻・のどと気管支を刺激してくしゃみや鼻水、喘息を起こしたり、皮膚のかゆみとなって現れるアトピー性皮膚炎などがあります。「アナフィラキシー」という急に激しいショックに近い症状を引き起こすこともあります。
どの物質がアレルゲンかは、少量の物質を使った皮膚の検査や血液検査で調べられますので、一度病院で調べてもらうのも良いでしょう。

アレルギー症状を抑えるには

症状を抑えるには、アレルギーを起こす物質を食べない、吸いこまない、触らないことが近道ですが、10歳ぐらいで症状が軽くなることも多いので、あまり神経質になりすぎないことも大事です。ただし、お医者さんからの注意事項は、きちんと守るようにしましょう。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ