子どもの症状

熱が出ているときの対処法

熱の出はじめや高熱のとき・解熱鎮痛薬の使用について


ウイルスや細菌がからだに入ってくると、それをやっつけるために、からだは熱を出します。そのときは、安静にして、熱を逃がすこと、水分を補給することが大切です。
昔は、熱がでたら、からだを温めて汗をかかせるのがよいと言われていましたが、汗が出ない時には体温が上がってしまうので、むしろ、涼しくしてあげたほうがラクになります。

熱の出はじめには

熱の出はじめには、寒気がしてガタガタふるえることもありますが、その段階では、手足や体を温かくしてください。

熱が高くなったら

熱が高くなったら、熱を発散しやすいように、手足をふとんから出して、涼しくしてあげます。冷房で部屋を涼しくするのも効果があります。
頭だけ冷やすことは、体温を下げる効果はあまりありませんが、本人が気持ちよいようなら、氷枕、水枕などを使って冷やしてあげてください。できれば、わき、くび、足のつけ根を冷やすといいでしょう。

解熱剤(熱さまし)の使用に関して

使うべきかどうか、迷うのが解熱剤(熱さまし)です。解熱剤は、病気そのものを治すことはできないのですが、高熱でつらそうな場合は、使用してかまいません。ただし、一回のんだら、次は必ず6時間以上間隔をあけること。解熱剤をのめば、たいてい熱は下がりますが、解熱剤で熱が下がらない場合は、病院で診てもらいましょう。
お医者さんに診てもらうときには、朝、昼、晩の体温の変化、解熱剤をのんだ後の体温の変化を伝えると診断にとても役立ちます。体温は計った時間と共にメモするよう、心がけてください。

プール熱ってなに?

夏のウイルス病のひとつにプール熱があります。
プールで感染することもあるので、こう呼ばれていますが、正式な病名は「咽頭結膜熱」といい、プール以外でも感染します。原因はアデノウイルスで、感染した人のせきやくしゃみからウイルスが飛び散って、飛まつ感染します。

プール熱の症状って?

プール熱の症状は、主に高熱と、のど、目の痛み、目やになどです。のどや目が真っ赤になり、4~5日は痛みが続きます。せきが出たり、目やにで目があけられないこともあります。また、38~40度の高熱が、長いときは1週間も続きます。ほかに、頭痛、寒気、食欲不振、おう吐や下痢といった風邪(かぜ)の諸症状が出ることもあります。

プール熱の対処法は?

アデノウイルスに対する特効薬はありません。熱があるわりに本人は元気、ということも多いですが、安静にして、回復を待ちましょう。食べ物は熱いもの、塩辛いものなどを避け、刺激が少なく、のどを通りやすいおかゆなどを食べさせます。頭痛があるときは鎮痛薬を使うのもひとつの方法です。 高熱が長く続くようなときは、症状をやわらげる薬を病院で処方してもらいましょう。

プール熱の予防法は?

家庭では、家族への感染を防ぐため、タオルや洗面器の共用、目薬の共用をしないことが大切です。何よりも、日ごろから、外から帰ったら、うがい・手洗いをする習慣をつけることが一番の予防になります。

頭痛やあらゆる痛みにバファリン

ページトップへ