よくあるご質問

成分について

Q バファリンの主成分は何ですか。
バファリンには有効成分の異なる商品があり、各商品の解熱鎮痛成分は以下の通りです。
・「バファリンA」:アセチルサリチル酸(アスピリン)
・「バファリン プレミアム」「バファリンルナi」:イブプロフェン・アセトアミノフェン
・「バファリンルナJ」:アセトアミノフェン
・「バファリンEX」:ロキソプロフェンナトリウム水和物
お客様の痛みや体質に合わせてお使いいただけるよう考えた商品ラインナップをご用意しております。
Q アセチルサリチル酸(アスピリン)は、よく「胃を悪くする」と言われていますが・・・
アセチルサリチル酸(アスピリン)やイブプロフェンなどの解熱鎮痛成分は、副作用として「胃障害」が起こる可能性があります。
大人用のバファリンの全ての商品には、胃を守る成分を配合し、胃にやさしい処方になっております。
Q バファリンに「眠くなる」成分は含まれていますか。
「バファリンA」「バファリン ルナi」「バファリン ルナJ」「小児用バファリンCII」「小児用バファリンチュアブル」には眠くなる成分は入っていません。
「バファリン プレミアム」には眠くなる成分が入っています。
Q 服用する際に気をつけることは何ですか。
この医薬品は「使用上の注意」をよく読んでお使いください。
アレルギー体質の方は、必ず薬剤師、登録販売者にご相談ください。
Q 授乳中ですが飲んでもいいですか?
授乳中の服用は避けてください。止むを得ず服用する場合は、授乳を避けることが望ましいです。
もしも服用してしまった場合は、12時間位あけて、さらに授乳したい時間の2~3時間前に溜まった母乳を一度搾り取り、その後溜まった母乳を与えてください。

バファリン豆知識

Q バファリンという名前の由来は?
バファリンという名前は「胃にやさしいアセチルサリチル酸」という意味の造語です。
“緩和するもの”という意味の Buffer(バッファー)とAspirin(アスピリン。一般名はアセチルサリチル酸)を組み合わせたものです。
Q バファリンはどこで生まれたのですか。
アメリカで1948年に生まれました。
Q バファリンの成分のアセチルサリチル酸(アスピリン)は古代から使われていたっていうのは、本当ですか。
はい、本当です。
アセチルサリチル酸の起源は遠く古代ギリシャ時代までさかのぼり、当時の医者が熱や痛みを抑えるのにヤナギの樹皮や葉を使っていたという記録が残されています。

ページトップへ